.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰痛改善に取り組んでいるのに治らないあなたへ・・・


おはようございます!!!


今日もたくさん眠れて大満足ですが、
ちょっとお腹が痛いです。

数年前から、
寝起きにお腹が痛むようになりました。
消化器系の痛みではなく、
腹筋の痛みのような??

 
別に、
食べられないわけでもないし、
時間が経てばおさまるので
放っておいていますが、
ちょっと不快ですね。

こういう不調が一番困ります。

病院に行くほどでもないけど、
長いこと抱えている。
悩むほど大きくはないけど、
無視できるほど小さくもない。


うーん、モヤモヤモヤ・・・ ってなりますね。

腰痛に代表する痛みも同じ。
一定期間は様子とみたり我慢する。
治らないと不安に感じます。




内臓系?
ヘルニア?
大きな病気の予兆?
などなど・・・

私は正直、病院嫌いなので、
このことで病院に行くことはまずありませんが、
もしかしたら同じ症状で通院する人もいるかもしれません。

でもきっと、レントゲンを撮られたり触診されたりして

「うーん、様子を見ましょう」

って言われておしまいではないでしょうか。

と思ってしまいます。

病院について、いつも、すごく強く、思うことがあります。
何か症状が出て、治すために病院に行こう!となった時に

「どこの何科に行くのか」を、

自分が決めなくてはなりませんよね。


どこの何科に行くのかが一番重要なのに、
その最も重要な部分の判断を、
医療に関してはドドドドド素人であるはずの、
本人がしなくてはならない。




数年前、
製氷皿にできた氷を取れない
大学生を見たことがあります。
ねじったらバラバラになって取れる
ということを知らなかったのです。



「うちの冷凍庫には製氷機がついていて、
 バラバラになって出てくるので

 こんなことやったこともなかった」

と言っていました。


笑い話のように感じられますけど、
その人の体験や環境によって、
とあることについての知識の量は
他の人からは信じられないほど少なかったり、
逆に多かったりするのです。


20歳過ぎても、
外科を「ガイカ」って読む人もいるかもしれませんし、

「風邪を引いたら何科に行くと思う?」と聞かれて、

自信満々に
「『病は気から』だから精神科!」
って答える人もいるかもしれません。



知識はバラバラ、経験も様々なのに、
「この症状なら何科に行くか」
は自分で考えなくてはならない。



果たして、何割の人が
「治癒に向かって一直線な道」
を歩むことができるのでしょうか。


腰痛治療においても同じことです。

様々なノウハウ、サプリメント、克服本がある中で、

「じゃあ、自分はどれをどのように使えばいいのか」
を考えるのは、
実際に腰痛改善がうまく行っていなくて
悩んでいるあなた自身なのです。


間違って、何の関係もないものに
お金を払ってしまうかもしれません。
微妙にずれたことをやり続けて
「成果が出ない…」と悩むことに
なってしまうかもしれません。


そして、それについては誰も
責任を取ってくれません。




もしあなたが、一人で自宅で腰痛克服に
取り組んでいるならば
人と会う時間も機会もあまりないまま、
何とかやって来れたけれど、


「これ以上の改善するためには
どうしたらいいかわからない」


「何かをしなくてはならないけど、
何をしたらいいかわからない」


こんなふうに悩んでいるなら、
それは一人で悩まずに、人に相談するべきです。


少なくともあなたより経験があり、対処法を知っている人に。