.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

もみほぐし中毒だった私だから語れる真実!!


腰痛・しびれ・座骨神経痛・腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症でお悩みの方へ・・・

滋賀県大津市にある整体院
腰痛・しびれ専門整体の大門健康治療所
ご訪問ありがとうございます。
---------------
もみほぐしにマッサージの真実

実は、もみほぐしって精神的満足だけなんです。

「あ~気持ちいい」
「ほぐれている気がする」
「そこそこ、ぐりぐり押して痛いのが効いている」

これを求めている方は全然OKです。

いいです。

しかし、腰痛や肩こりを治そうと思っているのであれば
もみほぐしやマッサージでは「治りません」

なぜかというと、体は筋肉で柔らかい組織だからです。

硬くなった筋肉をほぐすんだからいいじゃん!

って言われる方がおられます。好きならどんどん、
もまれてください。

しかし

もみほぐしても、すぐに戻るって方は聞いてください。

もみほぐしをすればするほど「筋肉は傷みます」「硬くなります」
間違いありません。

さんざん私も「もみほぐされ」「もみほぐし」てき
たからわかります。

筋肉をもむ行為は腰痛や肩こりの解決方法ではありません。


伸筋と屈筋

筋肉には伸筋と屈筋があります。

肩こりも腰痛も背中側の筋肉です。
この背中側は「伸筋」になります。

「伸筋」は力が弱く薄く痛めやすい性質があります。

一方

「屈筋」は筋肉にボリュームがあり力が強く体を支えることが
働きです。

肩こりも腰痛もこの「屈筋」が使えていないのが「問題」に
なります。

「屈筋」を使える事こそが

問題解決へとつながります。

なので、「凝っている」からといって患部をもんでも
解決にはなりません。

むしろ問題悪化です。

もみほぐし中毒になっていくだけです。

中毒ですので「もっともっともっと」刺激が欲しくなります。
組織が壊れて、硬く硬くなり、コリも深くなってしました。


というわけで、私は、もみほぐしを「止めました」
なんの解決もしないので。
これが理由です。

今は「屈筋」をいかに使っていただき体を支えて良くなっていただけるのか
を探求、実践しています。

こちらの方が「多くの腰痛患者さまに喜んでいただいています」

腰痛や肩こりの解決方法は

「もみほぐしてはいけない」

これだけは事実です。

あなたはどのように感じますか?