.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

刷り込まれた「良い姿勢」のイメージで腰痛や頭痛になってしまう。


ブログへの訪問ありがとうございます。
大津市にある腰痛しびれ整体院の大門健康治療所です。

くすりや注射でもなかなか痛みやしびれが
治らない座骨神経痛や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
などでお悩みのあなたへ

送っていきたいと思います。
よろしくお願いします。

当院には大津市 、草津市、東近江市、彦根市、近江八幡市、栗東市
山科、高島市、守山市、信楽、茨城市 からお越しくださいます。


正しい姿勢とは

姿勢が良いと良く言いますがその姿は
どの様な姿を思い出すでしょうか?

学校教育で先生から

「背筋を伸ばして!」とよく注意されてたことが
私はあります。

立っている時だけではなく
座って居る時も同じ

「猫背になっていると」注意を良く受けていました。

その後は先生がいる前では

背筋を伸ばして、胸を意識的に張る
腕は体の横に指を伸ばした状態で付ける。

この様な姿勢を「良い姿勢」と思って
作っていました。

先生からの注意は減って行きましたが
「姿勢を作っているので」しんどいしんどい。

頑張っても20分ですね。

その後、腰痛や頭痛に私自身がなり
「良い姿勢」を考える事になります。

そこで、

多くの勘違い(思い込み)が発覚します。

まず

姿勢は背骨が伸びる事が大切

この考えが間違いのモト

背骨と捉えるが為に必死で伸ばします。
これは、しんどいだけなんですね。

背骨ではなくて「腔」で体が構成されている。
ということを教えていただきました。

姿勢は

背骨だけを気にしてもダメで

空間であると行く事です。

口腔(口の空間)

胸腔(肺などの空間)

腹腔(内視鏡手術ができる空間)

が体には存在している。

この3つのバランスが体の姿勢をつくっている。


この空間を膨らます事が「良い姿勢」になる。

当院は猫背から腰痛や頭痛の筋緊張型疼痛に
姿勢矯正としますが「痛くもなんともありません」

この3つの腔を内側から膨らませるだけですので
今までの効果と変わってきます。

姿勢は背骨を伸ばしても
「良い姿勢」にはなりませんので
ご注意してください。