.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

アトピーとは自分の身体が自分を攻撃してしまう症状!

「アトピー性皮膚炎の定義、診断基準」によれば、アトピー性皮膚炎とは、「増悪、寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」とされています。
実は今や国民の3割がアトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などのアレルギー性疾患を持っているといわれており、これらの疾患はもはや国民病とさえいってよいと思われます。

異物が体内に侵入すると、それに反応する物質(抗体)がつくられ、異物を排除しようとするシステムが働きます。これが抗原抗体反応です。
これをアレルギーといいます
重症度は
軽 症:面積に関わらず、軽度の皮疹のみ。
中等症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%未満にみられる。
重 症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%以上、30%未満にみられる。
最重症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上にみられる。
と分類されます。
薬物療法が必要なケースが多いです。
ステロイド外用薬の局所の副作用としては、皮膚の萎縮、血管拡張、毛のう炎などが主なものです。

アトピーは人によって原因が変わります。

ライフスタイルによって変わるケースが多くあります。
乳児からの先天的な事も多くあります。親のアレルギーが遺伝してしまうことになります。
汗、動物の毛、花粉、ハウスダスト、カビ、石鹸、乾燥、シャンプー、金属、リンス、化粧品、食べ物
飲酒や喫煙によって悪化することもおおくあります。
乳幼児の場合
食べ物に対するアレルギー症状として
アトピー性皮膚炎が現れる場合が時々あります。お酒や刺激物【香辛料】です。
学童から成人の場合
小学校中学年以降は、食べ物のアレルギーのせいで
アトピー性皮膚炎が悪化する例はほとんどありません。

五十肩を放っておくとどうなっていくのか?

ウイルス、細菌、真菌による種々の感染症が合併します。
皮膚カンジダ症 カポジ水痘様発疹症 伝染性膿痂疹 ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
伝染性軟属腫(水イボ)、尋常性疣贅(イボ) 脱毛症 尋常性魚鱗癬 白内障

当院ではアトピーへの施術として頭蓋骨の調整と横隔膜への調整を行っていきます。

当院ではアトピー性皮膚炎の方にあh鼻腔と口腔からの治療をおすすめします。

頭蓋骨の歪みを整えることによって脳脊髄液の循環を促し、肌の代謝が促されます。
身体と外気とが最初に触れる場所が鼻腔と口腔となりますが、呼吸による免疫の強化も一緒に行うことでより細菌や雑菌に感染しにくくなります。

また現段階で自分で始められるケアとしては一番は頭蓋骨の調整を舌位のケアをご自身で毎日行うこと!

口腔体操に耳たぶ回しなどこどもでも出来る簡単な内容なので1か月すると変化を感じられると思います。

診療時間のご案内

診療時間
9時~12時 ×
15時~20時 × ×

※祝日は休診です。