.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

座骨神経痛って温める方が良いのですか?


こんにちは

大津市にあります腰痛しびれの整体院

大門健康治療所です。

 

本日もブログへの訪問ありがとうございます。

 

昨日は3月の陽気で過ごしやすかったですね。

 

腰痛や座骨神経痛で

お悩みの方も比較的

楽に過ごせたのではないでしょうか?

 

関節痛や神経痛は寒さが応えると

言われる方が多いのでこの様に

感じておりました。

 

患部は温めた方が良いのか冷やした方が良いのか?

 

良く腰に肩にカイロを貼って

居られる方が多いように思います。

 

足の裏だったり

お腹だったりと。

男性もおられますが、女性の方が圧倒的に

多いですね。

それだけ、冷えていると実感されて

お辛いのですね。

 

良く質問で

カイロっていいのかしら?

って聞かれます。

 

気持ちは良いのだけど・・・

 

何か不安でもあるんですか?

とお聞きすると

 

温めても良くならない。

 

と言われる方が少なからずおられます。

 

この時期逆の冷やす方法はと伝えると

冬に?

少し勇気がいると。笑笑。

 

ってなりました。

 

ですよね。。。

 

っで話は終わったのですが、

私自身は結構真剣で言ったつもりなんですね。

 

身体は基本動くと熱を出します。

筋肉の伸び縮みでもでますし

呼吸でも熱を外に出し続けているんですね。

 

患部は動かすと熱が籠りやすかったり

発散できづにいるか組織が壊れて炎症している

事により殆ど熱をもっています。

 

熱があると骨も変形しやすくなります。

 

形を変える時は大抵、温めて柔らかくして

変えていきますよね。

 

身体も同じです。

 

膝関節が思いつきやすいでしょうか?

 

特に変形性膝関節症は膝の内側に

腫れます。熱が溜まっているんですね。

 

温めると当然血管は拡張して

血流は良くなりますが、その熱によって

どんどん骨は形をかえて変形していきます。

 

真逆の冷やして(アイシング)いれば

変形は起きないでしょう。

 

ですので

 

温めるのが全て悪いわけでは

ないですが、慢性的に熱を籠らせる状態は良くないと

考えております。

 

熱は体の外に逃がしてやりましょう。

そうすると関節や痛みは緩和されて

動きやすい体にになりますよ。

 

アイシングの方法は

水または氷水で5分~15分の間が

良いですね。

 

患部や状態によります。