.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰痛がなかなか良くならない理由とは?


こんにちは大津市の整体院
腰痛・しびれの専門家
大門健康治療所です。

本日もブログへの訪問ありがとうございます。

椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 座骨神経痛 ぎっくり腰
の痛みやしびれで毎日、憂鬱な気持ちになっているあなたに
送っていきます。


腰痛がなかなか良くならない理由とは・・・

腰痛は慢性的になっている方が少なくありません。

慢性的に痛みがでたり
しびれが出たりと痛みやしびれの症状とお付き合いしている
方が多いですね。

中には何十年以上の腰痛との付き合いから
半ば「腰痛は治らない」とあきらめておられる
気持ちをお持ちになっている様にも感じます。

ではなぜ

腰痛は治りきらないのか・・・

と持ってしまいませね。

理由は意外と簡単ですね。

「疲労して熱(炎症)を患部に持ち続ける」からですね。

腰の筋肉や脚の筋肉が動く事によって
収縮と伸張運動を繰り返します。

やがて熱を持つようになりますね。

この熱は引いては行きますが
年齢や生活スタイル、食事によって
関節や筋肉に蓄積していくんですね。

これが

痛くてなおり切らない理由です。

身体は熱をためないように「呼吸」であったり
汗であったり、尿であったりと常に外に出して
一定の体温を保ちますが

腰痛に関しては「骨盤」や「腰の筋肉」に熱が
籠ってしまっている状態が続くのです。

良く病院で湿布を処方されますが
炎症を抑える為ですね。

なので

いかにして熱をためない体を保つのかが
腰痛が治るポイントになります。

ここでやってはいけない事があります。

それは

「筋トレ」になります。

筋トレで熱が籠りすぎる場合があります。

筋トレをすることによって筋肉が収縮運動を繰り返します。
筋膜内の温度は上昇し組織は摩擦熱で炎症してきます。
筋膜内の圧力が上がります。

筋肉が張ります。
時間と共に冷えてきますが、冷えた筋肉は硬くなり
動きが制限されるんですね。

この時に腰痛がひどくなる方が多いんです。

筋トレで負荷をかける事は控えて
歩行運動程度の負荷をかけない方が良いですね。

一生懸命、良くしようと思って
悪い結果が出てしまう。

こんな残念な事はありませんね。

対処方法は

アイスバックで冷やします。
出来たら氷水ですが、季節的に寒ければ
水だけでも構いません。

その後水分を摂ります。

㏠最低1リットル。

これで慢性腰痛は解消されます。