.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

深層筋リンパ整体とリンパマッサージの違いについて・・・


こんにちは大津市の整体院
腰痛しびれの専門家
大門健康治療所です。

当院は椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 座骨神経痛
ぎっくり腰の患者様が来院されます。



「リンパケア整体」と「リンパマッサージ」は何が違うんですか?


みなさんからよく聞く質問です。

簡単に言えば
リンパマッサージはリンパ液を「流す」
リンパ整体は「流さない」

もう少し言うと
リンパマッサージでいう「リンパ」と
リンパ整体でいう「リンパ」が違います。

私たちの体内には血管と同じように
リンパ管が張り巡っています。
このリンパ管の中を流れているのが「リンパ液」です。


リンパ管は「身体の下水管」と言われ
細菌の死骸や疲労物質などの老廃物を回収し「リンパ節」と言われる
フィルターを通りながら静脈に戻っていきます。

このリンパ液(老廃物)の流れが悪くなって滞っているのを
流すのがリンパマッサージ

主に管の中にあるリンパ液を対象としたものです。


リンパ整体は「リンパ間質液」という血液とリンパ液を除く体液です
身体のお水な感じです


リンパ間質液は一般的には組織液・細胞間液
などと呼ばれています

身体のお水がダイナミックに循環することが
大切と考えています。


循環しにくくなると体にトラブルが出てきます。


このお水を身体中に循環してくれているのが
「筋肉」です。

伸び縮みすることで循環します。

筋肉がポンプするとお水が全身に行きわたり
僕たちの細胞が元気になるんです。


リンパ整体では「筋肉をゆるめよう」という考え方で筋肉の
ポンプ機能をアップさせます。これがリンパ整体です。


しかも下水であるリンパ液も筋肉のポンプ作用によって
流れて行きます。


なので、筋肉が硬くなれば下水の流れも悪くなるわけです。


滞って濁りますしね。


リンパマッサージの場合流れないから手を使って「流す」

確かに汚い下水の排出はできます。

しかしです
これって本当の改善かな?筋肉は硬いままで
流れにくくなっている


環境は変わっていないのでまたすぐに下水の流れは
悪くなりませんか?


リンパ整体の場合は流れる環境へと整えていきます


私たちはリンパ液を流す機能は持っています。
備わっているんですね。

機能は補うと機能は失います。


リンパ整体は機能を高めていくんです。


筋肉をふわふわにしてお水を循環させれば
勝手に下水も流れるようになります。

ですので

根本からの改善がやり可能になります。


機能をどんどん高めていきます。