.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰が痛くて流し台にもたれ掛かって洗い物をしているあなたへ・・・


こんにちは大津市の整体院
腰痛しびれの専門家
大門健康治療所です。

椎間板ヘルニア 座骨神経痛 脊柱管狭窄症
神経痛 しびれでお悩みの方が多く来院されています。

本日もブログへの訪問ありがとうございます。


屈筋(くっきん)

リンパ整体では、屈筋をメインに治療していきますが、
そもそも屈筋って何?

「屈筋」は、筋肉の作用に屈曲をする筋肉です。

腕や脚を曲げるときに縮みます。
筋肉のボリュームがあり、伸ばす筋肉(伸筋)よりも
力が強いのが特徴です。ただし、縮みやすいのが欠点。

屈筋と伸筋がセットで働いて、腕や脚を曲げたり伸ばしたりすることができます。

日本人はこの屈筋を使う作業が多く、屈筋ばかり使いすぎると筋肉が縮こまり、その緊張した筋肉の周囲の循環が悪くなり、疲労物質が滞ってしまいます。

筋肉のポンプ効果が発揮されないんですね。

それが、肩こりや身体の不調の原因になります。

屈筋は、上半身では前側、下半身は後側にあり、一ヶ所でも屈筋が緊張すると、その緊張は全身の屈筋へと伝わります。

筋肉は使いすぎても、使わなすぎても不調の元になります。

程よく使って、使った後は簡単なケアをしてあげれば、常に循環のいい身体でいられます。

例えば、食器を洗うとき
流し台のシンクにお腹がくっついて寄りかかっていませんか?



屈筋がしなやかで、いい状態だとまっすぐに立てますが、

筋肉が縮んでしまうとつま先でしっかり身体が支えられず、シンクに寄りかかるようになります。



こんな姿勢で洗い物をしていたら、肩も巻いてしまい、猫背になり呼吸も浅くなってしまいます。

ますます肩こりや腰痛の原因になりますね

屈筋をいつもしなやかにフワフワの状態にケアしてあげましょう♪

筋肉がしなやかになってくると身体は整って、
筒状に安定して立てるようになります。

家事しながら、ときどきチェックしてみましょう〜♪