.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰痛の次は頭痛を治す。


こんにちは大津市の整体院
腰痛しびれの専門家
大門健康治療所です。

椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 座骨神経痛 
神経痛の患者さまが多く来院されています。

腰痛も多い悩みですがその次に多いのが
頭痛です。

今日は頭痛の話をします。

頭痛が良くなり元気になる!

苦しんでいる人には悪いけど 
頭痛の9割はすぐに改善します。

痛み止めを頻繁に飲まなくてもいいですよ。
中には痛みが強くて、脳に作用する
キツい薬を何年も飲んでおられるので方もおられます。

他の手段も知らないと
ずっと飲み続けるしかなくなります。

頭痛なんて筋肉の過緊張
頭蓋骨周りの緊張が 
筋緊張性頭痛で

首回りの筋肉の緊張が偏頭痛です。

頭全体に輪っかが強くしまったのが 
筋緊張性頭痛で

首に輪っかがあってそれが
死なない程度にしまったのが 
偏頭痛だと思えば良い

動脈がどんどん頭にいくから 
戻りが少なくなると 
内圧がたかまりズキズキ痛い
拍動数に比例して痛みを感じます。


群発頭痛は複合的な頭痛
でやっぱり多くは原因不明わかっていない
ストレスと一言で片付けられます。

良くあるのが
筋緊張性頭痛にはマッサージ

偏頭痛はマッサージしてはいけないって
言ってたりします。


これは言っておきますが
偏頭痛の場合は血流が良くなると悪化します。
冷却がいい。

でもここで疑問が?
何故血流が良くなると良くないのか 

例えるなら
下水道が流れていかないから
パンパンになってしまう。


偏頭痛であろうが 
筋緊張性頭痛であろうが 
血管から先の流れが悪いから
障害がおき痛みがでている


なのに筋緊張性頭痛の場合は
闇雲に血流を良くし
その先まで押し流そうとする

もしくは
障害がおきているのをそのままにして 
痛みだけ取ろうとしてしまう

偏頭痛の場合も
障害がおきているのをそのままにして
痛みだけ取ろうとしている

又繰り返してしまう。

細い首の体液の流れが悪ければ 
頭全体の体液の流れは悪くなりますしね。

頭痛の人はほぼ全員が 
肩こりというか 
首こりだよね 

なんで首凝ってるの?
咀嚼筋の屈筋群が緊張して
前に引っ張られているからなんです。

で咀嚼筋をゆるめていくというのが
リンパ整体です。

顎から筋肉の緊張がはじまるから 
顎の周辺の筋肉を微弱な刺激でゆるめていく

咀嚼筋である咬筋の走行に沿って頬骨からエラにかけて優しくなでる

顎周りの筋肉 
咀嚼筋 
顎関節の外側翼突筋をゆるめ

屈筋である咀嚼筋群全体をゆるめ 

拮抗筋であり 
伸筋である 
僧帽筋
頭板状筋などをゆるめていく

首こり 肩こり 
頭痛が改善します。

でとも信じない人が多い。
「こんなことで 良くなるなら 苦労しないよ!」なんて言ってしまう。


痛み止めの在庫を処分できなくて抱えている人
になれます。