.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

治療に通いたいけど、治療費がネックに感じるあなたへ・・・


あなたは、

”嫁ブロック”

という言葉ご存知ですか?

簡単に言うと嫁ブロックとは、
夫が起業や転職を考えた際、
経済的リスク・世間体・将来の不安などを理由に、
嫁が全力で反対してくるのです。

先日、僕の友人でこの嫁ブロックに
悩んでいる人がいたので相談に乗っていました。

その彼は、転職を考えていました。
大学の先輩がやっているベンチャー企業にです。
経営は黒字だそうです。
やりたいこともあって自分に合っていると言っていました。聞いていても本当に楽しんでいるようでした。
しかしです

彼の会社は世間的にはかなり名が知れていて、
日本人であれば誰もが知っている大企業に
勤めていたので、給料も安定もしていたし、
周りから見ればその会社を辞めるなど正気の沙汰ではなく、
たまに嫁さん相談してみても、

「あんた、何を寝ぼけたこと言ってるの?」

と、まったく同意を得られなかったと言います。

独立開業を考えた時には、
身近にいる誰かに
相談すると思いますが、
嫁さん、両親、親戚などのに
相談しても99%反対されます。

自分の親が何か商売をやっているケースや、
親戚の中で、会社経営をしている人であれば、
積極的に相談するのはありです。

しかし、世の中の大半は
サラリーマン世帯ですから、
あなたの親も、おそらく
サラリーマンやOLや公務員の
雇われ人の経験しかないと思います。

親としては自分の子供が可愛いので、
出来るだけ苦労のある人生を
送ってほしくないという想いから、

「本当に自分でやっていけるのか?
世の中、そんなに甘くないぞ!
お父さんの時代はな、、、、、」

「公庫から1000万の借金して家建てたのに
絶対にダメです。
お願いだから、そんなリスクが
あることをしないでちょうだい!」

また、嫁ブロックを発動する嫁さんとしても、

「あなた、バカなこと言わないで!
まだ、小さな子供もいるし、これからは
親の介護の費用のことも考えないといけない。
独立起業なんてギャンブルみたいなことは
絶対にしないで頂戴ね!」

などと、全力で止められるでしょう。

相談に乗っていたら彼も、
嫁さんに反対の理由を聞いても

「とにかく、大反対!!!」

ということで全く会話にならなかったそうです。

で、ここで考えて欲しいのが
「何で嫁さんが反対しているのか」
って事なんです。

要するに、反対の原因を
しっかりと突き止めないから
協力して貰えない訳ですよね。

じゃあ、その原因を突き止めれば
いいじゃないですか(笑)

結局、

「嫁さん(または夫)の反対 = 理解してもらえない」

って思っているから
原因を突き止めないんですよね。

やっぱり、
相手が何で反対なのか、
どうすれば賛成してくれるのかを
しっかり考える事が大切なんですね。

それを放置して、
自分の目標(転職してやりたい仕事をする)
を達成したいって思っていても、
誰も協力してくれないですよね。

それでこれって、
”嫁ブロック”
だけの話じゃ無いんです。

色々な人たちと反対される場面に立ち会うことになります。

例えば、

・海外勤務を反対している

・社員が少ないので反対している

・支払いを心配して反対している

などなど、あらゆる場面で
反対されて思い通りにいかないことばかりです(笑)

ですから、嫁さんに反対されたり
理解されてないんじゃ、
誰からも
理解されない可能性が高いです。

なんだかんだ言っても
嫁さん(夫)は
自分の一番身近にいる
他人ですから。

じゃあ、どうすれば
嫁さんの理解を得られるのか?

重要なのは次の2点です。

1:説得しようとしない

男性は女性をどうにかして説得させようとしますが
それではなかなか上手くいきません。

説得だとなぜだめなのか?

説得というだけで自分が思っていることを
相手に押し通そうという意識になっているからです。

嫁さんには嫁さん視点での考え方がある。
いったんそれを受け入れつつ、
どう理解してもらうかという姿勢が重要です。

嫁さんに理解して貰えない多くのケースは、
「説得」モードで臨んでしまうから
自分の思いが伝わらなくなるんです。

説得は自分目線、理解は相手目線ですからね。

2:「現実的計画」を共有する

嫁さんが反対する理由の99%が収入面に関してです。

今までの安定した収入がゼロになる可能性もある話なので、
リスクを追ったときどう対処するかを事前に知らせておく必要があります。

独立起業したいと言っても、
じゃあ当面の収入はどうなるのか?

家族の生活維持費で毎月最低30万円は必要で、
それが維持できなくなってしまったら、
ご飯は、毎日メザシと具なし味噌汁、
子供の教育費も掛けられず、
最悪、自己破産、、、、
みたいなことを想像してしまいがちです。

だからこそ、今掛かっている家計をもとに
サラリーマンとしての収入が絶たれたらどうなるか?

できるだけ具体的に書き出してみる。
そしてそれを嫁さんと共有する。
具体的な数字になると少し不安が晴れてくるものです。

例えば、大手企業時代に貯めた貯金が720万あるとすると、

720万 ÷ 30万(生活費)= 24ヶ月(2年間)

と、約2年間は無収入でも
なんとか最低限の生活は成り立つと。

それを元に、

「1年間だけ自由にやらせてくれ。
その期間は、今まで通りの生活水準は約束するから!」

と訴えれば、嫁さんの理解度も
上がってくるはずです。

嫁ブロックを発動する嫁さんも
大切なパートナーですから
理解を得る努力はしたほうがいいです。

嫁さんの意見を無視して、
一人で突っ走って、それで関係が壊れてしまって、
気が付いたら、離婚届を出された
何て事態になったらは元も子もありません

 

治療に対しても 同様に感じます。

治して行きたいと決意しると、時間に費用が必要に

なってきます。

ご家族の理解も必要になってきますので

そこで、治ったあなたが自分だけの為だけに

治療するとなると家族から反対がですと思います。

 

治って、家族を幸せにしたいから治す。

とのお気持ちがあると、快く家族も賛成

して応援してくれますね。

 

 

 

「あの時、治療して本当に良かったわね^^」

なんて言われる時が来ることでしょう。