.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰痛にはお尻を突き出すスクワットがいい。


こんにちは大津市の整体院
腰痛しびれの専門家
大門健康治療所です。

椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 ぎっくり腰
座骨神経痛 神経痛でお悩みのあなたへ・・・

本日もブログへの訪問ありがとうございます。

腰痛とスクワットの効果

腰痛の方なら一度はやってみたことが
あすと思います。

それが

「筋トレ」

筋力が低下して
腰が弱くなると試してみる方が多いです。

筋トレは筋肉の収縮運動ですので
筋繊維は硬くなります。

その反面、筋繊維が強くなり負荷に強くなる。

ですので

スクワットで太ももの筋力を使うと
骨盤周囲の筋肉が強くなり
腰椎まで安定して痛みが軽減するんですね。

やり方は

お尻をさらに後ろに押し出すように
しゃがみこんで行うと臀部の筋力も
強くなり、綺麗なおしりに変身しますので

ただ単に、膝を曲げるスクワットとは
効果がまったく違います。

筋肉はどちらかというと
下半身に集中しており、
その中でも最も大きいのが
お尻から太ももの筋肉だと言われています。

ですので、この筋肉を鍛えることで
効率よく消費カロリーが減り
ジョギングよりも効率が良くその結果も
違ってくるというのは明白でしょう。

まれに
「スクワットを何回やっても全然効果が出ない」という人は、
スクワットのやり方を間違えている可能性があります。

足の位置が大切で

スクワットは肩幅より広めに足を開き、指先は外を向きます。
 
 
その後、お尻を突き出すようにしながら
太ももと床が平行になるように腰を落とします。
背中はシャンと伸ばしましょう。

“お尻を突き出して太ももと床が平行になる”

ここがポイントです。
 
できていない人が多いので、
「スクワットは効果が期待できない」と思われているようです。
 

スクワットを行う際は、
つま先より膝が前に出ないように注意しましょう。
お尻を突き出すスクワットは
ヒップラインも同時に鍛えることが可能ですから、
美容と健康が手に入るので
一石二鳥というところでしょうか。

5回でもいいので
行っていくと効果が出てきますね。