.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

脊柱管狭窄症を治すには整体は質より量なのか?


こんにちは、
腰痛しびれ専門の整体院
大門健康治療所です。

本日もブログへの訪問ありがとうございます。


腰痛整体を受ける回数が多いと速く治るのか?


僕は他の院より整体の回数は少ない方だと思うのですが、
整体は量より質が大切なのか、
それとも質より量(回数)の方が大切なのか?
とときどき考えてしまうことがあります。

どちらも大切ではあるのですが・・・

患者さんの身体を早く回復させるためには
質のよい治療をじっくり時間をかけてするのがいいのか、
それともとにかくたくさんの短時間の整体をした方がいいのか、
悩みどころです。



もしかしたら、あなたも
今現在、整骨院や整体院に通っているとした
そんな悩みをお持ちかもしれませんね。

「整体は長い時間やったらいいってものではないのよ。」

言われたことがあるかもしれませんね^^



そもそも治療の話でいうと、
あなたも、病院を利用したことがあると思いますが
くすりが質より量の発想から生まれたいかがでしょうか?

怖くなりませんか?
身体に大量の薬を入れてしまうとどんな副作用が
起こるのかと…

十錠飲むところが一錠のめば効果があると
なると安心しますよね。

手術はどうでしょうか?
長い時間してもらいたい人いますか?
いないですよね(^^♪

やっぱり、短時間で終了してほしい。
身体に負担がすくないからですね。

まさしく治療は量より質の発想です。


でも、患者さんの症状によっては質はもちろん
ですが量も必要になる方がおられます。
脊柱管狭窄症と診断された方や椎間板ヘルニアと
診断されたかた、しびれてお悩みの方などです。
質と量の両方の発想どうしても必要。


とにかくがむしゃらに押したり、揉んだりという行動は
控えるべきではないかと思ってしまいます。


実際治られる人は、
「圧倒的に数をこなす人」であるという
研究結果もありますが。


整体治療に質より量の考え方を当てはめてみると、
身体に与える刺激が多ければ、
反動も増え
それがもみ返しなどの副作用に
つながるといったことになる事もあります。

修行時代に量を経験し質の良い治療をしたいものです。