.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

大津市/高島市にお住まいで座骨神経痛の治し方が分からなくてお困りのあなたにお伝えいたします。


こんにちは大津市の整体院
腰痛しびれの専門家
大門健康治療所です。

本日もブログへの訪問ありがとうございます。

座骨神経痛に関係ある内臓とは・・・

突然ですが、腰痛のあなたは生命を維持するのに
必要なものといえば何が思いつきますか?

例えば食料は食べなくても
しばらくは大丈夫ですよね。

一番重要なのは空気ですね。

酸素がなければ人は健康で
あったとしても数分で死んでしまいます。

その次に大切なのは水ですよね。
水分を数日間とらないと
生命の危機にさらされます。

脱水症状が例ですね。

実際に大災害が起こってライフラインが止まった時に

真っ先に問題になるのが飲料水です。

その後も、トイレの水問題や入浴などで
最後まで水は復旧の要になっています。

そんな水の問題を解消するシステムが
まもなく登場するそうです。

先日、このシステムがテレビで紹介されていました。

試作機が普通のオフィスの真ん中に
シャワールームとして設置されていました。

もちろん水道設備など全くありませんが
普通にシャワーが使えています。

この仕組みはシャワーで使った排水を
複数のフィルターを使ってろ過し
循環させて使っています。

フィルターによる水のろ過はこれまでも
たくさん有りましたが、

このシステムでは水の汚れに応じて
独自の管理方法で短時間のろ過と
フィルターの寿命を10倍にする事に
成功したそうです。

たった20リットルの水で、1か月以上
交換が不要なシャワールームを
実現したそうです。


このシステムを開発された方は、
長年にわたり水一筋に研究をされていました。

しかし、ご自身が東日本大震災で被災した時に
断水が起こり何もできなかったそうです。

これまで自分が研究してきた事を何も活かせかった。
そんな思いから、このシステムの必要性を痛感し
開発されたそうです。

実際に、2016年の熊本地震で被災地へ
このシステムを提供し大活躍しました。

命だけではなく被災者の心も
支えることができたそうです。

今後は家など一軒単位で、生活に関わる飲料水を
含めたすべての水を家の中で完結させる事を
目標として開発を進めているそうです。

環境にやさしく、災害に強い水環境が
もうそこまで来ていますね。
日本のにならず世界で求められているようにも
思いますね。

でですね

このことを身体に置き換えてみます。

ろ過装置=腎臓と肝臓
水=血液
循環する動力=心臓
チューブ=血管

と置き換えます。

どれも大切なのですが、パッと見ると
腎臓と肝臓は解毒や浄化機能で大切ですね。

もい一度、余計なものを循環させない為に
ろ過装置は大切ですね。

血管の内側も汚れずに済みますしね。

身体には要らないものは体の外に出すという
循環サイクルが常に働いているからいつも
元気でいられるんですね。

腰痛に代表される痛みやしびれも同様で
痛みの物質やしびれの原因を排除するためには
ろ過装置が働いていないと長引きますね。

ですねで、肝臓と腎臓の機能を整体で
高めてやると回復が早くなります。

あなたのろ過装置は元気に動いていますか?