.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰痛で悩んでいても治療を中止してしまう理由とは何か?


ただし、誰もが誰も
ずーっと痛みやしびれが治るわけではありません。



どんなに、患者さんに誠心誠意尽くしたり、
しっかりとした腰痛整体をしていても
治療中止をしてしまうことはあります。



患者さんが施術から離脱してしまう理由は
色々あるかと思いますが、やむを得ない理由があります。


やむを得ない離脱理由としては、
だいたい次の3つになります。


第一に、患者さんがお亡くなりになるということです。

死亡されてしまうということで、
どうしようもない状態です。


患者さんが80代90代のご高齢の方の場合、
必ずこの理由で出来なくなってしまう
ケースに直面することがあります。

稀ですがあります。



生涯最後の施術をしていても、
お別れをしなければならない時期が来ます。


この場合、こちらがどれだけ誠意を持って
精一杯の対応をしたとしても人間の
寿命というものがありますので、
致し方ないというケースです。



次に2つめは、先ほどと同じような理由になりますが
患者さんが長期入院してしまうケースです。


高齢の方には特に多い理由です。
例えば肺炎を患った方などで入院をして
治療を受け療養に努めても、
なかなか家に戻るまでは回復しないといった症状で
ほかの病院や施設を転々とするケースがあります。


その後、ご自宅に帰ったとしても、
体の状態が整体を受けても
問題ない程度まで体力が復活していない
などの理由で、しばらく休止したり、
治療中止してしまう事があります。


そういった形で長期の入院が原因で
腰痛整体を継続できなくなってしまうのも
理由のひとつとしてあります。


これも、治療がストップしてしまったとしても
仕方ない・やむを得ない理由です。



最後に3つ目の理由として、引越しがあります。

単身や転勤など仕事の都合が影響する場合です。

結果として整体を継続できなくなるケースがあります。



以上が3つのやむを得ない理由です。


患者さん家族から、

離脱理由1:
「先週亡くなってしまいましたが、今までありがとうございました」


離脱理由2:
「先週から入院してしまい、しばらく退院できそうにないので
 治療は一旦休止させてください。ありがとうございました」


離脱理由3:
「遠方の介護施設に入居することが決まり、来週引っ越しなので
 治療は今回で最後になります。ありがとうございました」
  

と言われて、治療がストップしてしまうのは
施術者側としても避けられない理由です。


長期入院しないでとも、
引っ越さないでとも心情的に言えませんから、
仕方ないですよね。



しかし、上記の3つの理由以外で、

「効果が療は終了させてください、、、」

と言われたことがあるのであれば、
私の未熟や対応の改善可能性が高いです。