.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

国家資格をもって整体をしています。


一般の人とたちと会話する中で

「マッサージ師って国家資格なんですか?」

って言われることが多いです。


マッサージ師と鍼灸師は
立派な国家資格なんです。

私も整体をしておりますが、上記の
国家資格を持っております。


たとえ、国家資格をもっていても
患者さまの力になれるわけではございません。


鍼灸マッサージ師のなかには
苦労して取得した自らの資格を
「足の裏の米粒ですから…」
と自嘲気味に語る方もいます。




(資格を)取っても食えないという意味で、
”足の裏に付いた米粒”と同じだということです。



国家試験に合格して、免許取得までは
最低でも3年間の勉強と約400万円の費用が必要で、
働きながら資格を取る方も多い業界です。


それだけ時間と労力(とお金)をかけても
食えないのであれば、費用対効果が悪すぎる。


特に世の中では、

「鍼灸(のみ)師 = 足裏の米粒」

と言われることが多いです。


理由は、ニーズが少ないからです。


一般の方に鍼灸のイメージを聞くと
ほぼ100%の確率で、
「痛そう、怖そう、熱そう」(だからイヤだ)
と回答します。


鍼灸の施術を受ける人は、
手術の一歩手前で
しょうがなく受けてみるというのが
実情だと思います。


整体は鍼灸に比べて
比較的、一般受けしやすいと思いますね。


やはり世間一般的に、鍼灸治療は
怖いというイメージがあるため
受け入れられないのではないでしょうか。

資格を持っていようが効果をだですのかが
問題です。

大きな結果を出せるかどうかは、
何(鍼灸?マッサージ?整体?)をやるかよりも、
「誰がやるか?」がとても重要なポイントなのです。

魅力的な人であれば
治療に全く問題ありません。

患者さんが信頼してくれます。

整体で治るのかどうかと心配されている部分ではありますが、

確かに、民間療法ではやはり、
どうしても、世間一般のイメージでは、
「怪しいしポキポキ痛い」、「気休め」という先入観があります。

患者さんやご家族サイドも、
「とりあえず、お願いしようかしら・・」
といった感じでとっつきやすいのは事実です。

ですがホントの手当は
痛みがある部位や固くなった関節に対して、
ほぐしてあげて、
そのあとで、心地よい刺激などの
施術を行った効果はとても高いです。

保険治療以外でもこのような手技が
可能であるということを、患者さんや
家族さんに分かり易く伝えてあげる
ことが出来ればいいですね。

「鍼灸師 や 整体= 足裏の米粒」

で終わるか、

「鍼灸(のみ)師 = ダイヤモンド」

にするかは自分次第です^^