.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

今は自由か不自由か?


ジメジメとした季節がやってきましたね。

院では冷房を入れますが

それだけでは湿気が取れないので除湿機を稼働させています。



これで湿気がだいぶ違いますね。

1日付けっ放しにしていると数リットルの水が取れます。

冷房が嫌いな方や体の弱い方も来院するかと思います。



あまり部屋を冷やしすぎないようにするためにも

除湿機の導入をオススメいたします。



今回は全ては自分で選ぶ時代について。



今の時代というのはなんと自由で生きやすいんだろう

と思いながら毎日生きています。



時代の風潮、あらゆる面でのIT化、

スマホなどの利便性、あらゆる情報の量の多さ。



この整体業に限った話をしてみると・・・

私がこの業界に入った頃はなんだかとても窮屈な業界でした。



専門学校を卒業したら同じ学校を卒業した師匠の下で

何年も修行してそれから師匠のやり方を真似て開業・・・

そんな感じがまだ当たり前な業界でした。



むしろそれ以外の選択肢があまりないように感じておりました。

今は昔ほど卒業した学校も免許も流派もあまり関係ない。



もうすでに整体に限って言えば大きな専門学校はないも同然。

あらゆる業界の自由化が進みこの療術業界も

ほとんどが国家資格が取得できるタイプの学校に替わっていった。



そうすると学校ではなく塾のような

短期間の養成機関を出た人間でも修行せずに開業できる時代。



それがいいか悪いかは置いておいて

とても自由な時代になったと思います。

それで食って行けるなら全然OK。



むしろずっと同じ師匠の下で

1つの手技だけでやっている先生のほうが

治療は厳しい状態なのではないでしょうか。



つまりは現在は厳しい実力主義、能力主義の時代。

いくら学校を出ようが国家資格を持っていようが

実力のあるものだけが生き残れる時代。



かといって口だけ上手でも

食ってはいけない時代になりました。



昔は今ほど整体院・接骨院の数が少なく

競争がそこまでなかった時代。



ただ看板だけ出していれば勝手に来てくれた時代。

(もちろん腕があってのことですが)



20年前は

一番良かったのはタウンページ。

今の若い人にはわからないと思うけどね(笑)



いわゆる電話帳です。

普通の電話帳ではなくお店や会社だけが載っている黄色の電話帳。

あれはもうNTTのドル箱だったのでないでしょうか。



その電話帳にどれだけ大きな広告を出すかで

新規の数が左右されている感じでした。

丸々1ページで月に数万円~十数万円だったと記憶しています。



そういった決まりきった情報源や修行の概念。



なんだか今考えると

あまり考えなくてもよかった時代。

ラクだけどおもしろくないよなーなんて思います。



そこだけ間違わなければ大丈夫だった時代はとっくに終わっています。

今はインターネットの中だけでもいろんな選択肢があります。



自分の個性、何を売りたいか、どうアピールするのかによって

それを使い分け個性を出して行く。




こうなると普段から触れている情報でも

何をどうアピールするかが変わってくるでしょう。



それと働き方。

働き方、営業時間、休みの取り方も自由なんです。

ある方は数年前から不定休にしました。



その時の気分で休んだり、午前だけの仕事にしたり。

自由人も増えたように思います。



でもそうやって何もかもが自分の意思で選べるが故に

言い訳はできない時代でもあるということです。



うまくいっていないのは決して景気のせいではありません。

自分の意思決定が間違っているか

実行していないかのどちらかなんです。



自由と不自由は表裏一体。

選択肢が多いと逆に不自由になることもあります。



つまり自分で意思決定できない人にとっては

逆に迷いの時代なんでしょう。

皆さんも自分で意思決定できる人生を歩んでください。