.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

膝が痛くて注射をしているのに一向に痛みが取れないあなたへ・・・


変形性膝関節症で痛くて立ち上がるのに時間がかかるあなたへ・・・

変形性膝関節症の患者さんにもいくつか
パターンがあり、そのパターンを知ることが
できれば、

〇〇〇筋と〇〇〇筋を集中的に治療すれば
良くなる!!

というセオリーができてきます。


手術をするかしないかと悩まれている
変形性膝関節症の患者さんを診ている時に

何でこんなにも似たような症例が多いんだ・・・
なんて思いました。

絶対に痛みを
引き起こすパターンがあると思い調べて
いった結果、

現在だけでも私の中には変形性膝関節症の
パターンはあります。
このパターンさえしっかりと評価できて
しまえば、後は症例に合わせて運動方法を
提示してあげるとともに無駄に押したり揉んだり
しなくても最短で改善状態を提供できます。

重度の変形性膝関節症でも・・・です。

・ 正座が可能になりますし、
・ O脚(ひざ下)もしっかり治っていきます

変形は治らないと言われて
いるのは、完全に骨と骨が
ぶつかるほど軟骨がすり
減っている場合ですのみ不可能ですが・・・

家で言うならば「新築」はむりでも
「リホーム」なら可能ということです。

痛みはかなり改善させることは可能です。


一人の患者さんを徹底的に痛みを
引き起こす原因を考えてみたことで可能になりました!!

その方が十倍勉強になります。

そこで

変形性膝関節症が良くなる根本にある
評価の仕方についてお話しします。

その方法とは・・・

◇痛いと言っている部位を特定するために圧痛所見を取る
◇静的(安静時)関節面の確認を動作で診ます。
◇動的(動かして)関節面を確認します。

これは痛みが何によって引き起こされて
いるのか原因を調べるための最も重要な手順です。

膝関節ないが摩耗していると「ゴリゴリ」と音がします。

これは疾患によって変わるもの
ではなく、痛みの原因を調べるならどこの部位も同じです。


頸のヘルニアでも五十肩でも動きや「音」の確認をします。

圧痛所見を取ることにより、患者さん
がどこを痛めているのかを調べることができます。
患者さんにも再度、確認していただきます。


炎症が起きているなら、熱感がありますし
痛みが強く夜間時にはしびれたり、痛みで
目が覚めたりします。

鎮痛剤が手放せない状態ですね。

膝関節が痛い人は骨盤ゆがみ前に傾きその結果
大腿直筋がパンパンに張っている人もいます。

ですから、骨盤のゆがみと変形性膝関節症は切っても
切り離せない関係です。


痛みを引き起こしている部位が、
必ずしも原因ではないという事です。

なので原因をしっかりと見ましょう!!

痛い部位ばかりを見てしまうと原因を見落としてしまいます。

たとえば
膝関節のでしたら・・・

膝の内側に圧痛所見がある。

歩いた時にしばらくすると痛みがでる。
この場合は鼠径部のつまり感
があるために痛みを誘発している。

足と高くお腹に引き寄せてもらうと
上がりにくく下腹部に違和感がです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんな感じで痛みの原因を
調べると、原因が骨盤のゆがみ
にあるとわかります。
原因がハッキリすると
必ずいい結果を出すことが
できるのです。
当たり前ですが・・・

痛みの原因を調べられないのに
適切な治療ができるはずがありません。
これは鉄則です。

その膝の痛みは「原因」ですか?それとも「結果」ですか?
一度、立ち止まって診てみましょう。