.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

心のどこかに〇〇でいいって思ってませんか?


今回は
「心のどこかに〇〇でいいって思ってませんか?」
です。
椎間板ヘルニア治そうとお考えですか?

・病院で処方された薬が効かない。
・ストレッチが効かないし痛いまま。
・手術しかないかもねと医師に言われている。
・両親もヘルニアあり

に心当たりのある方は読んでね。

最近、私自身の戒めと思っていることそれが

「心のどこかでこのままでいい」

と思っていないかということです。

ある程度忙しく充実した毎日を送っていると
がんばっているつもりでも、

「今のままでいい」「きっと今の状況が続くはず・・・」

という気分になりがちです。

痛みも同じですよね、「今日は痛くないしこのまま
治る感じがする」と思ったりすることも
あると思います。

でも、残念ながら普通に生活をしていても
悪いことは必ず起きます。

椎間板ヘルニアでいうと、
どれだけ毎日まじめに過ごして、ヘルニアのために
なることばかり考えていても

突然、

「不意に荷物を持って腰がピキ!っと電気が走る」
「昨日まで大丈夫でも翌朝なぜか痛い」

そして、不安になる。


これは避けることができないことです。
症状はコントロールすることはできません。

悪いことは必ず起こるわけですから、

「今のままでいい」

を続けていると、必ず右肩下がりになります。

悪いこととは逆に良いことって何もしてなかったら
なかなか起きないのですよね。

「何もしないでなった」

「いつの間にか治った。」

そんなことはなかなか起こりません。

つまり本当に現状を維持しようと思うと
今のままだとダメなんです。

悪いことが起こるのだから、少しでもいいので
前進しておく必要があります。

悪いことが起こって、2歩下がったとしても、
3歩進んでいれば、発展しますし、2歩しか進んでいなくても
マイナスにはなりません。

怖いのはその場で足踏みすること。

そして、それを自覚できていないこと。

ときどき、心の中に
「このままでいい」「なんだかんだでこのまま続くはず」
とそんな気持ちが自分の中にないか、
考えてみてください。

今週も最後もお読みいただきありがとうございました。