.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

滋賀県で腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・しびれで お悩みのあなたへ・・・股関節と腰痛について


滋賀県大津市にある
腰痛・しびれ専門整体の大門健康治療所
ご訪問ありがとうございます。
---------------

滋賀県で腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・しびれで
お悩みのあなたへ・・・股関節が腰痛と関係している!

股関節は「骨盤」と「大腿骨」から作られる関節です。
「球関節」ですので、動く範囲(可動域)が広いのが特徴です。

関節の自由度がある分、肋骨の様に骨と骨でガッチリ固まっている
感じではありません。

靭帯や腱、筋肉で外れないように(脱臼)何重にもなって保護しています。
大きさが違いますが、「肩関節」も同じような関節になります。
良く動く事が出来る分、靭帯、腱で「骨」と「骨」を繋いでいます。

股関節は体の関節で一番大きな関節になります。
臀部の筋肉も大きいのでより強い、力を生み出しますね。

ですので、関節が良く動く代わりに、「筋疲労」も大きくなります。
ジョギングや、ジャンプを久しぶりにすると、あくる日に股関節まわりが
筋肉痛になった経験はありませんか?

関節の曲げ伸ばしで筋疲労が起こります。
負荷がかかり、筋膜が傷ついての痛みとなります。
2~3日で回復してしまいますね。

腰痛はこの体で一番大きな関節の影響をどうしても受けています。
股関節の開きが悪かったり、曲げる動作がしにくかったりすると
「腰痛」を訴える方が多いです。

股関節周囲の筋肉の硬化によるものですね。
動くための関節が動く事が出来ない結果、腰や膝に影響が
時間と共に出てきてしまいます。

ill_jnt2a01a[1]
では、股関節が柔らかいと腰痛は起きないのか?
っと、言うと必ずしもそうではありません。

関節の可動域があったとしても、筋肉そのものが固いと「筋ポンプ作用」が
弱いため筋膜内の圧力が上がり、常に固いままになっています。

筋肉自体も柔らかくし、関節可動域の保つことが大切になってきます。
ここで、ではストレッチが一番いいのではないか?

と、考える方だ居られますが、違います。
特に動きながら行う「動的ストレッチ」はまだいいのですが
止まったままの「静的ストレッチ」はその時は可動域があがって
しまいますが、時間が立つとチジミます。この時に痛みとして感じる方が
多いのです。

理由は筋肉を伸ばしているのではなく、筋膜を必要以上に引っ張っているのです。ですので、膜にキズを作っているようなものが多いのです。
筋肉を緩める時はストレッチよりも揺らす方が効果的になります。

良いと思ってやっている事が真逆の効果を作っていることになります。
注意が必要になります。

腰痛があり、股関節のストレッチをした!
でも、良くならなかった方は筋膜を伸ばしただけだからです。
効果は低いでしょう。