.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

滋賀県で腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・しびれで お悩みのあなたへ・・・ 大腰筋について


滋賀県大津市にある
腰痛・しびれ専門整体の大門健康治療所
ご訪問ありがとうございます。
---------------

滋賀県で腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・しびれで
お悩みのあなたへ・・・

腰痛で治療しなければいけない所は腰ばかりではありません。
腰は全体の2割程度で大丈夫です。

身体は構造物ですので、全体をみて判断するのが大切です。
気持ちいいからと言って、腰だけをもんだり、押したりしても
治りません。

構造物で大切なのは、土地がしっかりしていることは大前提に
なりますが、その次には柱になります。

身体に置き換えますと「骨格」になり壁が「筋肉」になります。
「筋肉が縮む」と「骨格」を引っ張ります。

時間が長ければ当然「歪み」が大きくなります。
老人の方で腰を曲げて「二つ折れ」状態の方がその結果姿勢になります。

一見骨が曲がっていると思われがちですが、筋肉の収縮で結果的に
背骨が曲がります。
その大きな原因の筋肉が上半身と骨盤を挟んで下半身を連結する

「大腰筋」になります。

thKJG1Y4VQ
少し余談になりますが100Mの世界記録保持者ボルト選手はこの大腰筋が
日本人選手(当時)朝原選手の約2倍ありました。

MRIで比較されていた映像を見たことがあります。

「大腰筋」の作用は股関節の屈曲(お腹に近くする)です。
ですので、「大腰筋」が縮むと股関節が曲がり伸びません。
ですので、2つ折れになります。

伸ばした時は、地面を蹴ることになり体を前に前進させる大きなエネルギーを生み出します。

この「大腰筋」は深層筋です。体の深い所にある筋肉です。
お腹側から触れると腸のその奥にあります。

痩せている方ですと触る事が出来ますが、太っている方は触る事が出来ません。

腰痛で背中ばかりの治療で一向に治らないのはこの「大腰筋」の治療が出来ていない事が多いです。

非常に強い太い大きな筋肉ですので絶対にケアしなくてはなります。
良くストレッチで膝を抱える動作がありますが、主として「大腰筋」の
ケアになります。

呼吸で緩める事ができます。
吐くことで膝を引き寄せてを3回するとケアになります。
その後、スクワットをしても効果的です。

お勧めはスクワットに後に筋疲労を取るために「膝を呼吸と共に引き寄せる」方法が筋肉がより緩んで効果的です。

筋肉を鍛えぱなしは、筋収縮をケアしていないので疲れが残ったり
痛みへと変わったりしてしまいます。

「大腰筋」がかがんだり、膝を伸ばしたりした時に連動しますので
腰痛とは関係の深い筋肉になります。

あなたが「腰痛持ち」ならこの「大腰筋」をケアしないと治りません。