.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

椎間板ヘルニアは姿勢を変えると炎症が治まり回復する。


本日もブログへの訪問ありがとうございます。
腰痛やしびれでお悩みのあなたにお伝えしていきます。

今日は
姿勢と腰痛(椎間板ヘルニア)です。

椎間板ヘルニアで椎間板が突出して
神経根を圧迫していると痺れや痛みを
常時、感じてしまいます。

夜も寝られまいぐらいになったり
膀胱、直腸障害にまで悪化するケースもあります。
OPEしか選択肢がない方も多くおられます。
ではなぜ神経根が圧迫されるようになってしまうのでしょうか?

なる方とならない方がいます。
当然ですが。

この違いは何なのか?
当院は姿勢だと考えています。

腰椎に常に負荷がかかる姿勢を取り続けているから
背筋や殿筋が常に硬く縮んで腰の骨をゆがませる。

結果、椎間板に圧力がかかり腰の捻りや曲げ伸ばしで
筋肉の疲労も相まって、熱を持ちます。
熱が加わると変形してきます。

で、椎間板は圧力から逃げる様に外にはみ出して
神経を押してしまう。
これが椎間板ヘルニアのなる過程であると
感じています。

今回の患者さんもその一人で姿勢が悪く
足がしびれるとのことで、姿勢が前傾で背骨が変形してしまうのです。


この方は無理に背中を伸ばしているのでは
ありません。自然によくなるのです。
「腔」が膨らむと自然と無理なく姿勢が戻るのです。
そうなると椎間板の圧迫で神経膜が炎症することなく
回復に向かうのです。