.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰が痛いのは脊柱管狭窄症で腰が問題なのか?


ブログへの訪問ありがとうございます。
腰痛・しびれ・ヘルニア・狭窄症でお悩みのあなたに
送っていきたいと思います。
よろしくお願いします。

本日も大津市、草津市、守山市、高島市からお越し下さいます。
腰痛・しびれを改善し患者さまの期待に応えたいと思います。

腰痛(骨盤)と頭蓋骨の関係について


腰が痛いのは脊柱管狭窄症で腰が問題。
レントゲンでもMRIでも映像で明らかです。

確かに
その通りです。
画像は証拠です。

ですが、腰だけが悪いのではないケースが良くあります。
意味わからないですよね!

痛みを感じるもは「神経」です。
自律神経系です。
交感神経が興奮していると痛みを強く感じます。
副交感神経を優位にすると痛みを感じにくくなる。

問題が腰にあったとしても
まず最初にすることは「痛みの緩和」です。
狭窄症やヘルニアの物理的な症状を変化させることは
非常に困難な話です。

一番、早いのは外科的解決方法でしょう。

整体の場合はこの様にはいきません。
筋肉を緩めては骨格を調整する。
の繰り返しになります。

そこで
骨盤のゆがみが「痛みの原因」の様に言われている傾向ですが
骨盤のゆがみだけが原因ではありません。

「頭の骨」の歪みも関係しています。
骨盤と頭は背骨でつながっています。
筋膜でもつながっています。
ですので骨盤が歪んでしまうと頭も歪んでしまいます。

頭が歪むと自律神経の乱れを起こします。
特に痛みを感じやすくしてしまう交感神経緊張状態になります。
そうすると腰の痛みと脳が常に感じる様になり痛みにばかり
脳が反応します。この繰り返しで慢性的に痛みを感じて治らない
と認識してします。
悪循環ですね。

くすりで痛みを薄めても
くすりの切れるころには交感神経が活動的になり
痛みを感じてしまいます。

この繰り返し

ここで一度
行ってみたいのが骨盤の調整ではなく
「頭蓋骨の整体」になります。

脳から脊髄に神経が交感神経で痛みを感じやすくなっているのを
リラックスモードの副交感神経優位の状態にできるからです。

腰を触てなかなか治らないのは
頭が歪んでいるからかもしれませんね。




てな感じです。

脳に神経が集まる以上頭の調整は
大切になってきます。
腰をもみすぎたり押しすぎたりして悪化している
患者さんの多いこと多いこと
注意が必要です。