.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰痛や肩こりはもむと悪くなっていきますよ。


ブログへの訪問ありがとうございます。
腰痛・しびれ・ヘルニア・狭窄症でお悩みのあなたに
送っていきたいと思います。
よろしくお願いします。

本日も大津市、草津市、守山市、高島市、東近江市、信楽からお越し下さいます。ありがとうございます。

肩が凝ったり
腰が痛くなったりすると殆どの方は
その場所を「トントン」と叩かれます。

血行をよくして凝っている
張り感や詰まり感を緩和したいんですね。

筋肉を叩いて柔らかくするといった意味合いですね。
段々、強く強く叩いていきます。

刺激が刺激を求めます。
弱く叩かれるとかえって凝ってしまう様に感じる
人も多いと思います。

こうなると
凝りをほぐすよりも
叩く刺激を強めて腰痛や肩こりの不快感を
一時的にボカしている。

ボカスことによって
症状を麻痺させているだけが多い。
しばらくすると再発していることが多い。

要は
刺激は問題を解決しない。と言う事です。
叩くのは筋肉の組織を破壊しています。

いっとき
筋肉を包んでいる「筋膜」を傷つけて
筋膜内の圧力を下げます。

また
身体は傷ついた所を修復する。

傷つけて→修復するの繰り返しです。

そうなると
組織は硬く硬く変化していきます。
とても強い刺激でないと感覚的に気持ちよくならない
との感覚障害になっていきます。

こうなっていませんか?
今すぐに強い刺激を控えた方がいいのではないかと
感じます。
私は散々、強い強いもみほぐしをやってきました。
まったく症状は変化、改善しませんでした。

優しく治療すると筋肉も姿勢矯正も
信じられないぐらい変化しています。

ホントの話。

身体には強い刺激はいりませんね。


になります。