.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

腰部脊柱管狭窄症について・・・


腰部脊柱管狭窄症
病院や整形外科で、腰部脊柱管狭窄症と診断されて
なかなか症状が改善せずにお悩みになっていませんか?

お薬や注射ましてや手術をせずに
症状改善をできることはご存知ですか?


滋賀県大津市や草津市近隣より
腰部脊柱狭窄症でお悩みの患者様が多数来院される

大門健康治療所のブログをご覧になっていただきまして
本当にありがとうございます。

本日は、
腰部脊柱管狭窄症についてこのブログで
お伝えさせていただきます。

腰部脊柱管狭窄症の症状

この腰部脊柱管狭窄症の症状では
長い距離を続けて歩くことができません。


腰部脊柱管狭窄症のもっとも特徴的な症状は、
歩行と休息を繰り返す間歇性跛行です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、
安静時にはほとんど症状はありませんが、
背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、
太ももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。

しかし、すこし前かがみになったり、
腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。


腰部脊柱管狭窄症の原因とは・・・

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で
変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した
骨などにより変形が生じて下肢の神経が圧迫されます。


脊柱管とは背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで
囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。

年齢による脊柱の骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、
脊柱管の中にある黄色靱帯が厚くなって神経の通る
脊柱管を狭くなってしまい、それによって神経が圧迫を受け、
神経膜が圧迫され傷つき、腰部脊柱管狭窄症が発症します。




腰部脊柱管狭窄症は、腰椎椎間板ヘルニアに比べ
中高年に発症することが多いです。

背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、しびれが強くなり
前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こるので
背筋を伸ばしては休み伸ばしては休みの動作になります。



病院や整形外科での確定診断では、

レントゲン画像では推測はできますが、
確定することはできません。
より詳しく診断するためにはMRIや脊髄造影などの
検査が必要となります。(詳しくは医師にお聞きください)

画像での診断も大切ですが患者様からの問診で
症状のお話を聞くことで、
確定診断を行うことができます。

レントゲンを撮れる施設はありませんが
徒手検査や問診で患者様の状況を知り
脊柱管狭窄症の症状を疑うことが可能です。

また、自転車をこぐことも痛みが起こりにくいので、
よい運動になります。
ただし姿勢は前傾姿勢になりますので注意が必要です。

病院や整形外科での治療
手術ではない治療(保存療法)としては
リハビリテーション、コルセット、神経ブロックや
脊髄の神経の血行を良くする薬などがあります。
これらで症状が改善することもあります。

しかし、歩行障害が進行し、日常生活に支障が
出てくる場合には手術を行うこともあります。
また両足に症状が出ている場合には
改善することが少ないので
手術を行う場合が現状として多いのです。

ではでは参考まで。