.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

座骨神経痛に関係している梨状筋はここです。


本日もブログへの訪問ありがとうございます。
大津市で腰痛しびれ猫背専門整体の大門健康治療所です。

暑いので
水分を取って熱中症に注意しましょう。

ではでは

前回は「座骨神経痛と梨状筋の関係」についてお話
しました。

梨状筋について

座骨神経痛の原因でもある梨状筋はあまり
耳にしないのでどこにあるのか
わからない方がほとんどであると思います。

今回は骨模型を使って
場所を説明しております。
少しでも理解していただきると
幸いです。

少し梨状筋の説明をします。

梨状筋は尾骨の上に仙骨と大腿骨の付け根の
大転子とをつなぐ筋です。

大坐骨孔における梨状筋によって
神経および血管が圧迫されることです。
そのことにより仙腸関節の機能障害がおこります。
また
神経血管の圧迫および関節の機能障害が関連して
おこります。神経痛だけの場合もありますし
血行循環障害もあります。それらの症状が
重複したのを梨状筋症候群といいます。



インナーマッスルですので
深層部の筋肉です。

他の筋肉との摩擦抵抗が大きく
炎症することも多くなります。

炎症がひどいと冷却をおススメします。
いた気持ちいいストレッチやけん引は
患部の炎症を強めることにつながり
症状を悪化されることもあります。

無理み患部に刺激を与えない方法が
いいですね。