.

整体や骨盤調整・オステオパシー・さとう式リンパケアを大津市唐崎で行っております。

膝が痛い時のケア方法がこれ!


本日もブログへの訪問ありがとうございます。
腰痛・しびれ専門整体の大門健康治療所です。

大津市、草津市、東近江市、野洲市から
腰痛、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症で
お悩みの患者様がお越しになられます。

患者さまの未来を作ってまいります。
よろしくお願いします。

今日は腰痛と同じ位多いのが膝痛です。
特に女性が多い。

腰も痛いし膝も痛い・・・
正座は何年もしていません。
って方が本当に多いです。

ですので膝痛について送っていきますね。

膝関節症

中年以降の女性に多くみられますね。
高齢者になるほど発症は高くなります。
主な症状は
膝の曲げ伸ばし時に痛みを感じる
膝の内側が腫れているそして痛む。
場合によっては膝の痛みと水がたまることです。

初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作痛がらる。
正座や階段の昇降が痛みで困難となり(中期)、末期になると、
安静時にも痛みが取れない
膝関節に変形が目立ち内側が変形してくる。
膝関節が伸びず歩行が困難になります。

膝痛の原因は

軟骨の老化によることが多く、肥満や関節のくせ例えばO脚なども原因。
また怪我などで外傷の骨折、靱帯や半月板損傷で発症することがあります。
加齢によるものがおおいでしょうか・・・
関節の弾力性を失い、
炎症が起こり関節が変形します。


膝痛の予防

ふとももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える。
正座をさける。
減量する。
温めて血行を良くする。

以上のことなどが挙げられますが

今日は簡単ケア方法をお伝えしていきます。

では動画です。




やってみてください。